全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

こんにちは

トップスの入れ替えより、ボトムの入れ替えのほうが少ないため、紹介頻度も少ないですね。

ほぼパンツしか履かず、気に入ったシルエットを見つけるのに時間がかかるんです。

今のところ、

・コントワー・デ・コトニエ

・ストレッチパンツ専門店 ビースリー

のパンツが気に入ってます。 

残念なことに、コントワは実店舗がどんどん閉店され、オンラインストアも閉店。

新たにユニクロオンラインから販売するようになるらしい。

ユニクログループだからね。

ビースリーは全国に実店舗があるから、試着してシルエットを確認しやすいです。

IMG_1543通年履くブルージンズはビースリーのです。

履いた時に股に皺が寄らない。

これは感動でした。

股に皺が寄るか、お尻の下に皺が寄るか、でなかなか選べなかったのよね。

股に皺が寄らずシルエットが綺麗とわかったので、ジーンズは今後もビースリーで選ぼうと思う。

IMG_1544春・夏用の白、ストレートパンツはコントワで。

オンラインストアでセールの時に購入。

コントワで人気のジャパンポリエステルシリーズです。

サラッとして肌あたりが良いのがお気に入り。



IMG_1545春・夏用の白、テーパードパンツもコントワで。

こちらもオンラインストアセールの時に購入。

皺にならず、膝が出ない。

この素材は履いた時のシルエットが綺麗なのがお気に入り。



IMG_1546春・夏用の黒、テーパードパンツもコントワ。

ジャパンポリエステルシリーズのパンツを買ったので、この黒が初めてでした。

これで履き心地とシルエットの綺麗さに魅了され、白を買い足したんです。

黒なだけに冬でも履いてます。

さすがに白は生地が薄いのがバレるから、寒々しそうで履かないけどね。

IMG_1547秋・冬用の黒ストレートパンツはビースリー。

これも股に皺が寄らず。

シルエットが綺麗で足が細く見えます。





お出かけ用は以上5本を所有。

私の場合、パンツは履き心地とシルエット重視です。

そうなるとユニクロでは皺が目立ったり、膝が出たりで、合うのを見つけるのが大変。

ある程度費用をかけたほうが納得のいくものが見つかる、とわかりました。

なので、試着もできるビースリーをメインに今後も選ぶ予定です。

パンツ選びで迷われたら、ぜひ試着だけでもビースリーでしてみて下さい。

やっぱりストレッチが効いていると、ラインが綺麗に見えますね。

サイトの写真を見ただけではわからないから、ぜひ履いて足のラインを確認してほしいな。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


    

こんにちは

6月を待たず、既に日中は半袖で過ごすようになりました。

街中ではまだタイツを履いた人を見かけますが、暑がりの私は5月中旬にもなればもう夏だ、と思う。

ということで、先日夏のTシャツをお買い物してきました。

IMG_1539夏は色ものを着たくなるんですよねぇ。

中でもグリーンが好きです。 

NICOLE WHITEのコットン100%のこちらは4,950円でした。

ただでさえコットン素材はカジュアルに見えるので、厚めの生地でハリ感があり、体の線を拾わないのを選びます。


IMG_1540これは後ろにスリットが入り、腕はまくったところが縫ってあるデザイン。

自分に似合うデザインとして、

・二の腕が目立たない
・胸が強調されない
・ウエスト周りを強調しない


この3点が叶い、かつコットン素材を毎シーズン探し購入しております。

ボトムはポリエステルが入った素材で、シワが目立ちにくいのを選ぶ。

そうすると、全体としてオフィスカジュアルくらいのレベルにまとまるかな。

コンサバだと息苦しくなるので、そのくらいのカジュアルレベルが、私には心地よいです。

IMG_1086
あとは昨年購入したnano UNIVERSEのコットン100%Tシャツを引き続き。

こちらもハリ感があり、シルエットが綺麗でお気に入り。

どちらも肘上まである袖だから、初秋まで着られます。



IMG_1172このワンピースは昨年AMERICAN HOLICで購入。

ジーンズ系でコットン100%。

じゃぶじゃぶ洗え、ノーアイロンでOKだから、真夏の外出時に活躍しました。

今年も着回します。


お出かけ用はこんなもんで十分。

ジム&ワンマイル用の服もあるしね。

無理に服を減らそうとはせず。

テレワーク中という今のライフスタイルには、こんなもんで良いのです。

ライフスタイルが変われば選ぶ服も変わるだろうから、そこは臨機応変に。

IMG_1541服にお金がかからなくなってから、食べたいものを思い切り食べることにお金を使ってます。

先日は友達と、サムギョプサルをしこたま食べたわ。

サニーレタスにキムチやナムルと合わせ、巻いて食べると、いくらでも食べられるね。


気に入った服が見つかり、美味しいものを食べられて、あぁ幸せ
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


    

こんにちは

GW中にKindle本のセールが開催されてました。

IMG_0028私は興味のあったこちらを購入。 

「たつき諒」 さんという漫画家を知ったのは、都市伝説界隈で3.11の震災を予言していた人だと話題になっていたからです。

当時の「私が見た未来」は絶版になっていて、震災後に高額の値がついたらしい。

最近になって完全版として新たに発売されたのは通常の値段で、Amazonでも販売されています。

この中でたつきさんは、2025年7月に大災難が起こるのではないかと言っておられます。

いたずらに怖がらせるためではなく、警鐘を鳴らせると考えての公開情報です。

たつきさんが夢で見たのは、

南海トラフの南側になるフィリピン海がボコンと下から盛り上がり、巨大な津波となって周辺の国々に広がっていくのです。

日本列島や太平洋側、3分の1から4分の1が大津波に飲み込まれています。

これだけ聞くと怖いけど、

事前に準備していたことで多くの命が助かり、速やかに復興に向かって人々が活き活きと暮らしている明るい映像も見えたのです。

と、ありました。

 もともと日本は4つのプレートの上に乗っかっているので、そのうちどれかが、あるいは同時に複数が動けば、噴火が起き、その影響で土地が隆起する可能性は十分にあります。

たつきさんが夢で見たような出来事は、いつ起こっても不思議ではありません。

それが本当に2025年7月に起こるかは、その時が来てみないとわからない。

できることは、日頃から災害に備えておくこと、ですね。

この2025年7月について、ページ数としてはそう多くありませんでした。

この情報だけ目当てで本を買うと、拍子抜けしちゃうかも。

私はこれを読んで、2025年7月と時期がはっきりしていれば、備蓄がしやすいなと思いました。

いつだって備えたほうがいいとわかってますが、どの程度ってのが問題。

最近でも食料危機に備えて、、、、ってフレーズよく聞きますよね。

その備えを1年分したほうがいいとなると、置く場所がない。

せいぜいがんばって2、3ヶ月できるかな、ってとこです。

なので、その時が来たらもう潔く生きるのを諦めます。

もし本当に食糧危機が来たら、私は2025年を迎えられないかもしれない。

2025年を迎えられたら、7月に備え災害対策に本腰入れましょう。

なんてことを、本を読みながら考えました。

私が見た未来 完全版
たつき諒
飛鳥新社
2021-10-02


ご興味あればぜひ、お読みください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


   

↑このページのトップヘ