こんにちは

今日は とんぼ が飛んでいるのを見かけました。

こうもずっと暑いと永遠に夏が終わらない気がしますが、確実に秋がやってきてくれそうで嬉しい。

IMG_0270
さて、いつもは楽天マガジンでななめ読みの雑誌ですが、先日何年振りかに紙の雑誌を買ちゃった~







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美ST (ビスト) 2019年 10月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/8/18時点)


付録がほしくって。

その付録とは、カバーマークのシルキーフィットファンデーション1か月分。

別名毛穴消しファンデーション。

いつもはマキアージュのパウダーファンデーションを使っており、これも軽くて乾燥せずサラッとして気に入ってます。

とは言えファンデーションは目の下、鼻の横近辺の頬の一部と、鼻、眉下だけ。

顔全体はUV下地のみ。

塗れば塗るほど崩れる原因になるし、隠したところで元からたいした造作じゃないんでメイクは清潔感が演出できればそれでよし。

けれど夏は鼻の皮脂崩れが気になります。

ファンデーションで毛穴がほんとうに消えるのかなぁ。。。

あんまり色んなメーカーのを試してないからマキアージュと比べての感想だけで言うと、マキアージュのよりは毛穴が隠れている気がします。

乾燥もせず粉っぽい感じがしないのはどちらも同じ。

マキアージュのほうがマットに仕上がるかな。

カバーマークのはリキッドみたいな艶はないけど、マットでもない。

自然な感じ。

マキアージュでも充分満足してましたが、確かに毛穴と言われるとカバーマークのほうが同じ薄付きで隠せているような・・・

冬も使ってみないと判断できないけど、使う量が少ないからこの付録だけでも3か月は持ちそう。

空気が乾燥し始めても使い心地が良ければ、カバーマークに変えてみようか。


それにしても雑誌って、ほぼ宣伝というか、これでもかというくらい高価な化粧品のオンパレードですねぇ。

今回はジバンシーの高級クリームのサンプルも付いてたよ。

広告費だけで儲かるから、こんな付録を付けられるのよね。

いくら高価なものを使っても、食べ物や睡眠など身体全体のバランスで考えないと最大効果って発揮できないと思うけど。

いくつになっても綺麗でありたい気持ちはある。

ですが私の目指す美容は、これからも誰かに道順を聞かれる人であり続けること。

私は昔から海外行っても聞かれるほど、よく道に迷った人に道順を聞かれます。

相手も聞きづらそうな人には聞かないでしょうから、きっと聞きやすそうなんでしょう。

今のことろまだ聞かれるので、少なくとも殺気だった雰囲気ではないはず。

顔のパーツは変えようがないけど、感じが良い人になるのは努力でなんとでもできる。

高価な美容液より、どうしたらもっと笑顔が自然で素敵になれるのか。

その努力のためにお金をかけたい。

毛穴が目立たないほうがより自信を持って笑えるから、ファンデーションは良いものがあれば乗り換えます。

まぁ他人はこちらの毛穴なんか見ちゃいないでしょうが。

そのうちすっぴんでも気にならないくらい外でも大笑いできるほど、自分の笑顔に自信が持てるようになれたらなぁ。

まだそこまで振り切れてない

薄くてもメイクという仮面がなければ、人前に堂々と出られませ~ん。

あぁもっとシワやシミができても、気さくに話しかけられる雰囲気な人でありたいわ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ