こんにちは

少し前のネットの記事みたいなんですが、私は最近見かけ面白かったのでご紹介します。

結婚してない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】


マイペースで自分を変える気がない

とにかく仕事が忙しい

人並み以上の年収や貯蓄がある

男に頼らなくても平気

男性に対する妙なこだわりがある

仕事と恋愛を両立できる器用さがない

男を見る目がない

よからぬ恋愛を引きずっている

おひとりさまで楽しむ趣味がある

以上9つの特徴なんですが、40代で独身の私に該当するのは・・・・

う~ん、ないなぁ。

自分の場合を順番に見ていくと、

マイペースで自分を変える気がない
>誰かと一緒に住んだら変わらざるを得ないから、その時に考える

とにかく仕事が忙しい
>残業は積極的にしないので、そう忙しくない

人並み以上の年収や貯蓄がある
>ありません、働かないと生活はできません

男に頼らなくても平気
>頼らないといけない状況がない
住まいの困りごとは管理会社に電話すればすぐ来てくれる

男性に対する妙なこだわりがある
>清潔感のある外見で、話あいができる人なら美醜は問わず

仕事と恋愛を両立できる器用さがない
>どっちも楽しめる

男を見る目がない
>見る目より、自分の波動を上げて出会いの質を変えたほうがいいと考える

よからぬ恋愛を引きずっている
>経験は財産だ
どんなひどい恋愛も、経験しないよりしたほうが肥やしになっていると思う

おひとりさまで楽しむ趣味がある
>ひとりでも複数でも、いつでもどこでも楽しめるよ

さて、この記事を書かれたコラムニストさんは、

「40代で独身女性というと、「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味なし」のいずれかとだろうと言われる。」

と言ってます。

私は他人の目線が気にならない性格なんで、人からそういわ言われているのかもしれないけど、耳に入ってきません。

なんで結婚しないの?みたいな質問はされないなぁ。

親にも聞かれないし、親戚にも聞かれない。

おそらく親しい人には我が道を行く人、と思われているからか?

好奇心旺盛で、若い頃はそれこそ恋愛ってのに興味がありました。

10代の頃からもう長い間、相手は変われど誰かと付き合っている状態が続いたのですが、

40を過ぎてからそれにもやりきった感で、満腹です。

年下から年上、その差30歳はあったな、外国人ともつき合いました。

その結果、相手が誰だろうと向きあうべきは自分なんだな、と実感。

恋愛は、互いを知らないうちは盛り上がるしドキドキする。

それが時間を経て相手を知っていくと熱も冷め、男と女というより、人としてのつきあいを構築しなおす必要が出てきます。

たいていここで、つまづくんですよね。

同性だって相手との距離感を図り、互いに心地よく関係を続けていくのは難しいのにね。

恋愛が絡むとやっかいよ。

きっかけは恋でも、最終的にお互いが個として自分のあり方を見いだせてないと、小さないさかいが積み重なり、破局へと向かうのです。

そんな繰り返しを相手を変えて散々やってきたから、もういいわ、と満腹なのです。

結婚しようと思えばできる機会はあれど、する前から終わりが見えてスルーしてきました。

相手が誰でもこの人と決め、互いが望む関係を築くことへ全力でコミットする気がなかったんです。

それ以外でも人生楽しいことあるしね、と思ってた。

しばらく誰ともつき合わずにいたら、自分の中でなにかが変わるかな、、、

と思いながら現在は過ごしております。

今のところは、恋愛より人としてお互い尊重し、良い影響を与え合いながら穏やかにつき合っていける関係がほしい。

それは同性でも、異性でも。

もしかしたらそれは猫様や犬様でもいいのかも?

やはり結婚という形は、してもしなくてもどちらいいと思ってしまうんですが・・・

それでも人生100年なら死ぬまでの間に、1回くらいしてみようか。

って友達に言ったら「冥途の土産か?」と突っ込まれた

私の場合、結婚を冥途の土産程度に考えているから結婚しない、できないんですね。

というオチでした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから