夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第151回11.17放送分がPodcastにUPされました。

今週は大王がパンツを通してビジネスを学んだお話。

たまたま中国の問屋で見かけた下着屋でパンツが1枚10円、それを試しにまとめ買いして自分の店で980円で売りだしたらあっという間に完売したそうです。

今は天然石のお店を経営してらしてますが、かつてはパンツ屋だったんだという話をいつものように楽しくおしゃべり。

いわゆるセクシー系のランジェリーでしょうかね。


大王のビジネスの師匠に、

「自分の会社を100年続けたかったから条件は一つしかない、100倍の利益を出すモノを探すことだ」

と言われ、100倍の利益を出せるモノってなんだろうと探していたらパンツを偶然見かけ仕入れ始め、気が付いたらボンテージに手を出し、そのクオリティを求めたらタイに行き着いたそうです。


ビジネスってそういう風に展開していくんだ・・・・と今回もおしゃべりに聞き入ってしまいました。


100倍の利益を出せるモノの代表として、神社のおみくじを事例に挙げられてましたが、確かに参拝の楽しみにおみくじ引くことって多いですよね。

あの原価は1円ですって。

大吉が出るかどうかに心奪われ、ビジネス目線で考えたことがないので、言われてみれば確かに

下着だって店頭で綺麗に並んでると色やデザインに目が行くけど、実は原価数十円っていうのがたくさんあるのかな。

自分が雇われ人根性100%で起業家精神がないから、こうして起業される人の話から、ものの見方、視点が違うってことにおおいに気づかされますわ。


それにしてもパンツを連呼している今回のお話。

何回聞いても笑えます。

毎回笑いをもらうために夜のツタンカーメン聞いているので、だいぶNK細胞(ナチュラルキラー細胞)増えたかしらん。

風邪予防のために、冬こそ笑わねば!