全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

全捨離人の旅行記

こんにちは

初の沖縄を、めえいっぱい楽しんできました。

沖縄は梅雨入りが来月とあって、気温はまだ高くないけれど少しジメジメ。

IMG_2089綺麗な浜辺もずっと座るには暑かった。

エメラルドグリーンとコバルトブルーが混ざり合う海の色は本当に美しいですねぇ。

那覇から近いところでこれですよ。

近隣の島で、人が少ないエリアに行けば、もっと綺麗なんだろうなぁ。


IMG_2090水の透明度が高い、こんな砂浜が近所にあったらどんなにいいだろう。

こういうところがあちこちにあるんだから、みんな沖縄に行きたくなるのがわかりました。 





IMG_2111今回は王道コースを巡るバスツアーに参加したので、美ら水族館は外せない。

ここは特に観光客が多く、中国語や韓国語がかなり聞こえました。

水族館だけでなく周辺に他の施設もあり、1日中楽しめそうなエリアなんですね。

私は近くのマナティ館で、大好きなマナティを見てるだけで幸せを深く実感できました。

あのムチムチボディの巨漢がくるくると楽しそうに回ってるのを見ると、なんと言えない幸福感に満たされます。

もし大きいぬいぐるみを買うとしたら、私は絶対マナティのがほしいわ。

IMG_2115本場で食べる沖縄のもずくや海ブドウは、ホテルの朝食ビュッフェでもたくさん食べてきました。

味つけは全体的に薄めで美味しかったよ。

近所のスーパーで買うもずくとは、やっぱり違いますね。

すごく美味しいから、バカみたいに食べちゃったわ。


combine_images沖縄料理以外に、ガーリックシュリンプやパッタイも美味しそうだからいただきました。

美味しそうなお店がたくさんあり迷ったけれど、どれを食べても外れがない。

沖縄はグルメ天国でもありますね。



バスツアーの道中に、ガイドさんが歴史的なことやアメリカ軍のことなど、たくさんお話し下さりました。

IMG_2094首里城くらいは知ってましたが、世界遺産になっている今帰仁城跡は知らず。

今回ツアーで初めて知り城跡を見て周りました。

石が積み上げられた城壁は圧巻。

現代のようにCADで図面をかいて、工場で部品生産し機械で積み上げるわけじゃない。

自然な形状の石を人力で積み上げ、堅牢な壁にしていくって、どうやって?って思います。

それが景観と融合し、こうやって景色と一体化するんだから、昔の人ってすごいよね。 

歴史的な場所はここだけしか行けなかったので、次回訪れる時は他も行きたいわ。

沖縄の基地問題も私は深くは知りません。

ツアー中に立ち寄ったウミカジテラスという場所から、基地の滑走路に止まる戦闘機が見えました。

着陸するだけでも、ものすごい爆音です。

たまに見る観光客にはいいかもですが、現地の人には、こんなのしょっちゅう飛んでたらうるさいでしょう。

恐れからくる武装を解除できなければ、人類はいずれ恐れから自滅するんだろうなと、私は常々感じる。

軍などの武装が要らない社会で生活できないのかな。。。

そうすればもっと自然を守れるのにね。

こんなに綺麗な海が汚れないように。


以上、この目で見たかった透き通る海を眺め、豊かな食を楽しみ、歴史に触れ、大満足の沖縄一人旅でした。

次回は、リゾートホテルでまったりしたいなぁ。

IMG_2117あっ、今回自分用のお土産に買ってきたのは、

塩3種類、シークワーサーポン酢、さんぴん茶です。

アウトレットや国際通りも見てきましたが、食品以外でほしいものは見つからず。




今日もブログランキングへ応援よろしくお願いいたします

下の写真をクリックしてね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


     

03IMG4370_sこんにちは

2月に開催されたANAの創業70周年記念セール、どこでも平日片道7,000円を覚えておられますか?

あれでなんと、沖縄までの往復が買えたんです。

セール開始直後はサイトにアクセスできなかったから、すぐ諦めて寝たのですが、

翌朝はアクセスでき、なんとか空いていた日を買えました。

ずっと沖縄に行きたいと思いながら、広島からはLCCがない路線。

正規なお値段だとけっこうな価格になる。

それが片道7,000円だから、こんな機会はもうないかもしれない。

会社を休んでも行かねば!

と有給を取り、GW前に行ってきます。

ホテルは沖縄料理の朝食ブッフェが美味しいそうな、国際通りに近いヒューイットリゾート那覇を予約。

 

観光は単品ツアーをVELTRAで予約。

車がなくても、ツアーに参加すればあちこち効率よく回れるね。


2泊3日の沖縄一人旅を楽しんできま〜す。

初めてなんで、まずは王道を。

先月帰省した時に会った友達に「一人で行くの?」って驚かれたんですが、沖縄は一人で行くとこじゃないのかな?

もちろん誰かと一緒も楽しいだろうけど、一人は誰に気を使うことなく気楽でいいよね。

もう、誰かに合わせて行動するのが億劫なのよ。

これが若い頃なら危ないことがあるかもだけど。

おばちゃんになった今は、女子の一人旅は最高に楽しいと思う。

付き合いでスイーツ店に行かなくてもいいしね。

甘いのが嫌いな私は、これがすごーく苦痛。

砂糖の匂いを嗅ぐのも嫌なの。

沖縄でももちろんスイーツはパス。

シークワーサードリンクくらいなら飲めるかな。

それよりもずくとか海ぶどう、ごーやを食べたい。

今はネットで事前に調べれば、行った気分になれるほどお店の情報を得られるし、

YouTubeで旅行風景をVlog配信されてる方がたくさんいるから、一人でも下調べしておけば不安なく旅ができる。

いい時代だわぁ。

綺麗な海を眺め、後悔のなきよう、しっかり食べまくってくるぞー。

今日もブログランキングへ応援よろしくお願いいたします

下の写真をクリックしてね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


     

こんにちは

日本の夕日百選に選ばれるほど美しいと言われる宍道湖へ行ってきました。

宍道湖のある島根県は広島のお隣とは言え、瀬戸内海に面した広島市内から、日本海側の宍道湖まではけっこう時間がかかります。

高速バスで3時間。

広島からの直通電車がなく、電車で行こうとすると岡山経由になり、同じくらい時間がかかるかな。

近いようで意外に遠いのよね。

今回は1泊でのんびりしてきました。

IMG_1989お目当ての夕日は島根県立美術館からが良いそうでしたが、あいにくの曇り空。

観光写真にあるような真っ赤な夕焼けとはいきませんでした。。。 

それでも広大な湖を眺められたので、満足。



IMG_1988びっくりしたのは、湖だから穏やかかと思いきや、波は荒く強風だったこと。

あとで食事をしたお蕎麦屋さんに聞いたら、年中風は強く、宍道湖に面したマンションの住人はベランダの窓を開けられないと。

湖を眺めながらボーッと座ろうと思っていたけど、風が強く無理でした。 

瀬戸内海の方が穏やかだわ。 

まぁ実際に来てみないとわからないことだから、何事も経験ですね。

ホテルは地元優良企業の一畑グループのホテルに宿泊。

ディナーとモーニングのブッフェ付きのプランで、私が泊まった日は11,000円くらいでした。



しじみのおすまし、しじみの味噌汁をはじめ、お料理はどれも美味しい。

レイクビューではない街側の部屋でしたが窓から宍道湖が見えたし、氣の良い空間だったから、また松江方面に泊まる時は利用したいです。

IMG_1998翌日はホテルから徒歩で松江城へ。

お城周辺の敷地が広く、ゆっくり見て回ったら3時間くらいかかりました。 







IMG_2004お城より小泉八雲記念館が興味深かったな。

生涯の歩みが細かに紹介され、原稿や文献が綺麗な状態で多数保存されてたんです。

日本に帰化された小説家、くらいしか知識がなかったのですが、生い立ちから見ていくと情熱が伝わり感動。


まず、幼い頃に両親が離婚し家庭の愛情に縁が薄かった。

そのお陰で外に目が向き、故郷アイルランドを離れアメリカに渡り記者になる。

アメリカで翻訳された古事記に出会い、日本に興味を持ち、島根の松江に来られた。

もし裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたら、日本に来ることはなかったかもですよね。

松江で出会った日本女性との間に子供が生まれ、家庭を持つことになった時、自分が帰化しほうが法律的に良さそうだと判断し、奥さんの苗字、小泉を名乗り小泉八雲となり帰化した。

その後亡くなるまで日本で暮らし、日本文化を世界に発信し続ける。

この記念館で今回初めて知ったのは、マッカーサー軍事秘書ボナー・フェラーズが、八雲の翻訳した文学を通じ日本を理解していたこと。

それにより、天皇制についての重要な政治選択がなされたと。

もし八雲が日本に来てなかったら、マッカーサーに助言する立場にあった軍事秘書も八雲を通して日本を知ることはなかったでしょう。

そうなると戦後の歴史は変わっていたかもしれませんよね。

マッカーサーは天皇に戦争責任を負わせたかったようなので、、、

八雲の生まれた家庭の愛情が薄くなければ、

古事記に出会わなければ、

日本で出会った女性と子供に恵まれなければ、

日本の戦後は違っていたかもしれない。

そう考えると、全てはそうなるようになっていたんだろうなと思う。

八雲は戦後の歴史を変えようと文筆していたわけではないでしょう。

たまたま出会った古事記の世界に、日本や日本人に興味を持ち、研究し書き続けただけかもしれません。

古事記がきっかけで結果、天皇制が維持されたとなると、なんか大きな力が働いてるとしか思えないわ。

それにしても16歳で左目を失明していたそうなので、右目でこれだけの文筆量とは、すごいな。

食い入るように展示を眺め、運命について考えさせられました。

旅の醍醐味とは、こういう予期しない出会いにありますな。

IMG_2003目的の十割出雲そばもいただけ、大満足。

出雲そばって、こういうどんぶりにはいった温かいのも、蕎麦つゆは別。

蕎麦つゆをどんぶりに自分でかけるのです。

全部かけても関東のそばみたいに底が見えないほど、濃くならない。

味は関西系のお出汁が効いた薄味で美味なのです。

あぁこうして今回も一人でのんびり、有意義な旅ができて幸せ。

今日もブログランキングへ応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


   

こんにちは

IMG_0855ようやく観光客が戻り、宮島はいつものように平日でも賑わってました。

大鳥居の修繕が終わり、やっと拝めたわ。

写真左の修繕中の時は、ずっと足場で覆われたんです。

これはこれで珍しいけど、やっぱり大鳥居を拝めないと宮島に来た気がしないもん。

もう10回以上は宮島に行っているが、これが飽きないのよねぇ。

テーマパークにはもう興味が湧かなくなっちゃったけど、ここは山と海、自然がいっぱいで食べ物が美味しい。

IMG_1849紅葉のシーズンは牡蠣を食べに行く!と決めております。

オシャレな牡蠣屋さんでいつもいただく定食は、見事な牡蠣づくし。






焼き牡蠣
牡蠣フライ
牡蠣のオイル漬け
牡蠣めし
牡蠣の赤出汁
牡蠣屋の佃煮

これに私は生牡蠣を追加し、堪能しました。

店内で外国人観光客が焼き牡蠣を見て「バーベキュー?」と店員さんに確認してた。

確かに焼いてるからバーベキューよね。

でも「オイスターバーベキュー」より「焼き牡蠣」ってほうが、断然美味しそうな響きに聞こえるわ

IMG_1854その後、紅葉谷公園をぐるっとお散歩。

その名の通り、紅葉がいっぱいの公園ゆえ、紅葉シーズンは圧巻よ。

他でこんなに紅葉が集中しているところ、見たことない。

そうそう、あのもみじまんじゅうは、この公園が由来です。

まんじゅう屋さんの女将が、「もみじまんじゅうは、ここ宮島の銘菓であって、広島ではありません」と言いながら店頭で売ってます。

私は甘いの食べられないけど、スイーツ好きなら、宮島に来たら揚げもみじまんじゅうを是非どうぞ。

IMG_1860最近中身がチョコなど洋菓子系もあって、もみじまんじゅうの幅が広い。

お土産に買う時は、どれにするか決められないの。

だからバラ売りで色んな味のを片っ端から買うようにしました。

これ、けっこう喜んでもらえる。

もちろん他にもたくさん宮島内にはお店があるから、食事もスイーツも楽しめること、間違いなし。

最近はレモネード、レモンフレーバーのお酒売ってる店が増えたかな。



IMG_1847この日はロープウェイで山頂まで登らずでした。

1時間ちょいで来られるので、また牡蠣が食べたくなったら来よう。
 
先日の関門海峡と異なり、波もなければ風もない瀬戸内海。

この景色を見ながらぼーっとするのが、なによりの癒しです。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図に写真クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


   

こんにちは

IMG_1835かねてより見たかった関門海峡を見に、門司港へ行ってきた。

広島からは新幹線のぞみを使えば、1時間半で行けます。

いつもの日本旅行サイトで、往復日帰りで新幹線の指定席を予約を取すれば、通常より安い。

1泊しても良いんだけど、私は自分の家が一番ぐっすり眠れるから、旅は日帰りが好きです。

 IMG_1831さて、広島駅→小倉駅→門司港駅→門司港→唐戸港のルートで唐戸市場へ行くも、この日はお休みの店舗が多く、残念。

市場隣のカモンワーフは営業していたから、ランチに欲張り海鮮丼をいただいた。 

ふく、くじらベーコンが入っているのが、北海道の海鮮丼とは違うかな。

 これで2,400円。

新鮮な海鮮がてんこ盛りなので、リーズナブルよね。

食後は唐戸港から厳流島、武蔵と小次郎が決戦した島へ船で移動。

学生時代はそんな歴史を習っても「へぇ〜」と聞き流してたけど、ここがその島なんだと、改めて見回したら、

対岸がすぐ見えるとはいえ、潮の流れが激しいとこです。

手漕ぎの船で荒波漕いで渡るだけで、決闘前に疲れそうだわぁ、と思ってしまいました。 

今回一緒に乗船した他の観光客は、圧倒的に高齢の男性が多し。

決闘よりグルメに興味しんしんの私なんかと違い、写メしまくり、じっくり見学されておりました。

IMG_1837厳流島から唐戸港に戻ったら、ちょうどおやつタイム。

おやつには、「ふくの河久」さんでふくの唐揚げとフライをいただく。

ふぐ、ではなく、ふく、と書かれてる。

750円でタンパク質たっぷり、美味しかったよ。

食べるのに満足したら、唐戸港から船で5分の門司港へ戻ります。

IMG_1830門司港駅はレトロな駅舎で、駅舎内も明治の名残ある雰囲気そのまま。

駅中にあるスタバでお茶をし、風情を楽しみました。

港周辺は観光スポットになっており、お散歩や買い物をする人で少し賑わいがあり。

横浜の雰囲気に似てるなぁ。

IMG_1840散策中、わたせせいぞうさんのギャラリーがあり、懐かしく鑑賞してきました。

オシャレな男女の恋物語のハートカクテル、という漫画が好きだった。

わたせさんは小倉出身の方なんですね。

門司港を背景にした絵もいくつか展示されていた。

今ではYouTubeチャンネルもある!

鮮やかな色彩と、静かでジンとくる物語はそのまま映像になっていて素敵。



門司港散策後、JRで小倉駅まで3駅を移動し、駅周辺をウィンドウショッピング。

広島駅より小倉駅の方が人口も経済規模も大きく、活気がありますね。

20代若者の姿がたくさん。

クリスマスのイルミネーションと飾りと、賑わう人の流れを見ながら、

「あぁ、たまに来るなら楽しいけど、普段はもっと人のいないとこがいいわ」なんて思ってしまう。

IMG_1832こうしてたっぷり2万歩以上歩き、見たかった関門海峡を見られ、満足し広島へ戻りました。

1日に700隻の船が行き交うという海峡は、見慣れた広島近辺の瀬戸内海と違い、波激しく雲の動きも早く、スピードを感じる海でした。

ここで太平洋側に抜けないと、次は津軽海峡まで北上しないと船は太平洋側に行けないですからね。

なかなかこんなに船を見る機会はないので、船が好きな人にはたまらないところだ。

次は津軽海峡も見たいな。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図に写真クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


  

↑このページのトップヘ