全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

老後を考える

こんにちは

父の火葬を無事に終え、広島に帰ってきました。

火葬前に亡きがらを見ても、私は悲しみが湧き上がることもなく。。。

なのにお義姉さんが泣いているのを見て、なんと良い人なのだろうとお義姉さんに涙がこみ上げてきました。

頑固で偏屈、いつも不機嫌な父。

そんな父から相当嫌な気持ちにされたことが、多々あるだろうに。

兄との結婚式の時、父のせいでお義姉さんの希望が叶わず、泣き出してしまったことがありました。

私は代わりに謝ることしかできなくて申し訳ないなぁ、とずっと心に引っかかっている出来事。

それ以降も実の娘ですら避けている両親にお付き合いいただき、本当に心優しい人なんだと常々感謝。

散々嫌な目に遭わされた相手に悲しんであげられる懐の大きい人なんだ、とお義姉さんをますます好きになりました。

さて、世帯主だった父の亡き後、母名義に変えないといけない細かい事務作業があるなと覚悟して帰省したんですが、全部兄がやってくれることに。

私は実家のマンションの掃除に徹し、断捨離しまくりました。

クローゼットや納戸の扉の取手に何かを引っ掛けているから、まず扉を開けにくい。

テレビに出てくるような汚部屋ではないものの、モノが多くごちゃごちゃ。

母は足が悪く屈めないのに、棚の奥の奥までモノを詰め込めこんでる。

屈めないから奥は掃除ができず、埃にまみれたモノがわんさか出てきました。

断捨離する意思はあるけど、体が追いつかないだけで、モノを出せばいる・いらないの判断はやってくれる。

それは救いだったわ。

2人しかいなかった3LDKの一般的なマンションに、出るわ出るわゴミの山。

「こんなにゴミを買ってたのねぇ」と、母は自分で呆れていて面白かった。

不用品と父の衣類を全部捨て、それでもまだ出そうでしたが、あとはゆっくり自分でやると。

断捨離、拭き掃除、窓掃除で私もけっこう疲れ、帰宅したら1キロ痩せてたぁ

すぐ帰れる距離でないから、こうして帰った時だけ数日作業すればいい。

近場に住んでた時はたびたび呼びつけられ、あれしろこれしろ言われ人をこき使うから、本当に敢えて遠くに住んで良かったぁ。

兄には申し訳ないが、自分の身は自分で守るしかない。

そのために実家から遠く離れたとは、もちろん言ってないけどね。

私のやることに何も口出ししないのは、ありがたい限りです。


22344976そうそう、帰省中に母が「どうして父はいつもあんな(偏屈で終始不機嫌)だったのかしら?」

と聞いてきた。

「自己肯定感が低いけど、それを認められない人。

周りにマウントを取り、勝手に人を上か下か判断し、常に苦しい人生だったろうね。

自己肯定感が低いと相対評価で生きてるから、マウント取って自分が上だと思える環境以外にはいられない。

だから変化をなにより恐れる。そういう人。

それで最後は病院を無理やり出て、結局家で死んだでしょ。

病院にいたら自分は患者なんだからマウントしたら、下にくる。

それより死んだ方がマシくらいに思ってたと思うよ。

人の世話になるくらいなら死んだるわ、っで死んだんだから本望でしょ。」

と答えたら「なんでそんなことわかるの?」と。

50年以上一緒にいて、わからないあなたの目が節穴なんだよ。

と内心、母に悪態をついた。

父が不機嫌なのは今に始まったことではない。

そういう人を結婚相手に選んだあなたもあなた。

人生最大の敵と結婚し、学びの結婚で終わるか、褒美の結婚に昇華するかは自分次第。

褒美の結婚にはできず、不機嫌をまき散らすというカルマを背負った父が、今後どういう転生をするのかは知らないが、

前途洋々ではないことだけは、予想がつく。

そういう意味でご愁傷様です。

悪い意味でお手本になってくれたことに感謝し、私は同じ轍を踏みません。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


22849485_sこんにちは

年明けに父が危篤という知らせ受けびっくりしたんですが、すぐ一般病棟に移り大丈夫かと思いきや。。。

その時の様子は



病院は嫌だとその後無理に退院したらしく、帰宅後に自宅で亡くなりました。

自宅で亡くなると警察の調査が入ります。

その日のうちに警察から私にも連絡が入りました。

事故を疑うか、解剖を希望するかと聞かれ、希望しないと回答。

大の病院嫌いだったのに解剖なんかしたら、あの世から祟られそうだわ。

そしてこの時の刑事さんの対応が、会社員のような受け答え。

私も思わず職場のように「いつもお世話になっておりますぅ。」と仕事の電話のように返答してしまった。

刑事さんと言えどサービス業?

言われなければ営業マンかと思った。

アクション映画の見過ぎで、刑事さんと言えばもっとぶっきら棒な感じかと、、、

まぁ、事件性ないとすぐ判定され翌日に遺体を戻してくれたよ。

が、火葬場が空いてない。

亡くなった日から9日目に予約が取れるって。

そんなに混雑しているとは知らなんだ。

冬で寒いからかな??

なので、火葬できる日に合わせこれから帰省します。

何もしてほしくないという本人の希望通り、納棺し出棺するだけ、家族のみの直葬。

準備する時間があったので、火葬場へ行くだけですが、礼服を楽天でレンタルしました。

靴からバッグから一色揃って、ストッキングはプレゼントというありがたいパッケージです。


実家に前日到着で送ってもらい、火葬が終わったらクリーニング不要で近所のコンビニから宅配で返送できる。

あとは帰るだけ。

火葬に合わせ会社には忌引をいただき、お休みさせてもらえます。

それまで普通に出勤すると言ったら、えらく心配されましたが。

亡くなった知らせを受けても、正直なんの悲しみも湧き出てこなかったな。

血が繋がってるだけで、心が繋がってる人じゃないから。

この世に生を授けてくれた感謝はあれど、これで関わりたくない人がいなくなってくれたという安堵感のほうが大きいわ。

しかも火葬まで時間に余裕を持たせてくれてありがとう。

父と娘という仕事は、これにて無事終了。

自分で自分にお疲れ様でした、とねぎらってあげたい。

なのでたっぷりお休みもらえるし、半分観光気分で帰省しま〜す。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから



 

こんにちは

スクリーンショット 2022-01-24 16.42.54Kindle Unlimitedの中に、東大の上野先生の著書を発見。

色んなテーマから、介護についての話題が特に勉強になりました。

データによると、高齢者が死を迎えるまでに寝たきりで状態で過ごす期間の平均が8.5ヶ月

らしいので、私が長生きしてしまったら、寝たきりの期間が発生する可能性は大いにある。

前日まで普通に生活し、翌朝布団の中で冷たくなっていた、、、

なんて死に方が理想だけど、現実なかなかそうはいかないらしい。

できれば介護を受けることなく逝きたいよなぁ。

介護される側にもノウハウがいる」というのにも、なるほどと思った。

日本にはこれだけ要介護者がいて、そのなかには口の達者なひとも、筆のたつひともいるだろうに、なぜそのひとたちは「介護される経験」ってこんなものなのよ、こうすればもっとよい介護を受けられるよ、と発言してくれないのだろうか? 

既に高齢者になられている世代と、これからなる私たち世代の大きな違い。

それは、デジタル社会を経験しているかどうか。

UberEatsで食事を注文、Amazonや楽天でなにか買えばアンケートお願いメールがすぐ届く。

レビューを書くのが日常な私たち世代です。

この感覚で年を重ねれば、介護だってアンケートやレビューが増えていくだろうと思われる。

世にiPhoneが誕生してから14年だって。

私たちが後期高齢者になるさらに25年後くらいには、人間はチップを埋め込まれ、車は宙を走り、家は管理制御されているかもしれない。 

そんな映画でみるような近未来な社会になったら、介護されるとしても、それは人間の手によるものなのか。。。。

棺のような大きな箱に入らされ、機械制御で体を洗われ、食事が与えられ、箱の中で最期を迎えるなんてことを想像してしまう。

その前に安楽死が合法として認められたら、自分で時期を見てマシンに入ってサヨウナラできるかな。
 

現在のアナログ世代の老後と、これからのデジタル世代の老後には、おひとりさまかどうかより大きな変化が待ち受けていると思う。

いまはまだどう生きるかのほうに重点が置かれているが、今後はどう死ぬかに焦点が当てられるのではないかしら。

需要があるところに供給ありで、死に関するビジネスが拡大する気がします。

よくも悪くも。

まぁ25年後以降も日本が国として体をなしているか、、、、それもわからない。

上野先生のこの著書、他の方の老後にまつわる著書を読み、現在の延長戦上に未来はないだろう、とつくづく感じました。

それくらい技術変化が大きく、激しいもの。

いつだって先のことはわからない。

できることは今、目の前のことだけ。

健康を保てるよう食事に気をつけ、筋肉を落とさない運動する。

やっぱりこれだ。

これしかない。

これから先どれだけ大きな社会変化があろうとも、最期まで頼れるのは、己の筋肉。

私には老後をどう迎えるか何度考えても、この結論にしか至れませんでした。

ってことで、今日も筋トレ行ってきま〜す。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


こんにちは

前回のおわりに、父危篤の知らせが突然入り、ビックリしたことを書きました。

スクリーンショット 2022-01-10 21.20.55それはKindle Unlimitedの中から、この本を読んだ直後だったから。

自分の老後の前に、そういえば親の老後ってどうなんだ?

と、思っていたところ。

5年くらい前に心不全で父が入院して以降、半身に麻痺が残り歩くのにびっこを引くようになりました。

その時私は既に実家の千葉から離れ広島に住み、母から聞いただけで実際の様子は見ていません。

父は私に知らせるなと言っていたようで、入院したことは父の兄である叔父から知らされたのでした。


入院前から体調が良くないのに父は病院に行こうとしない、と母から散々愚痴を聞かされ続けたけど、

「死にたいなら死なせておけばー。嫌がる大人を無理に病院に連れて行けないしぃ」

と、私はいつものように関わらないようにしたんです。

そこで仕方なく兄が父を病院に連れて行ったら、即入院。

心臓も肺も悪かったらしい。

日頃から健康に気をつけ、異変を感じてすぐに病院に行ったなら私もお見舞いに行く。

若い頃からタバコと酒をしこたま飲み、退職後は運動もせず引きこもり、体調が悪くても病院で確認しない。

そんな自分勝手な人のために、わざわざ時間を費やしたくないわ。

と、叔父から入院を知らされても、父のために帰省しませんでした。

そして退院後しばらく経って仕事で帰省した際、父を見たらまぁ生気の抜けた姿だだこと。

これが死相?

病気から回復してないってことではなく、全身から気が抜けた感じなんです。

彼の潜在意識ではもう死を決めたんだろうな、と思った。

昨年11月に帰省した時も相変わらず気の抜けた様子だっから、これで会うのは最後かなぁとなんとなく感じた。

先日父が救急車で病院に搬送され今夜が山場だと兄から知らされ、いよいよ来たかと思ったら、、、

翌日には一般病棟に移されたから、まぁ大丈夫のようです。

延命治療は拒否しているようだから、今後何かあってもチューブを入れる前に治療は終える。

心臓と肺がかなり弱っているから、またいつ体調が悪化するかわからない。

今回は回復をしましたが、次はどうか。

それでも特に彼に会いたいとは思えないんだよなぁ。

先日危篤の知らせを聞いて私が真っ先に浮かんだのは、

「あっ、喪服もってないわ」

買わないといけないかと思い、母から様子を聞いた際、父は葬儀を希望しているか確認。

そしたら葬儀&墓不要、海に散骨よろしくと兄に伝えてあると。

じゃあ喪服は要らないかな。

散骨の費用を出せばいいだけか。

DV、パワハラなんでもありの毒親だった彼らに対し、私にはもう悲しみを感じられるほど情はありません。

この本の著者さんのように、かいがいしく親の面倒をみようという気はさらさらない。

だからこの本を読んだ時、愛情を持って親に育てられたら、そりゃ老いる親を放っておけないだろうと思いました。

逆に私は引きづる情がなく、自分に集中して生きられラッキーだったかも。

おまけに子供の時からの私の悪口を母が親戚中に広めたおかげで、親戚の中でとっくに私の評価は地に落ちている。

ゆえに今更私が親の面倒を見なくても、親戚は何も言うまい。

子供時代から親に対し常々思ってたんです。

いつかあなたたち(親)が老いて面倒を見る立場が私と逆転した時、助けは要らないと思ってそんなこと(虐待)してるのか?

それともそんな未来を想像できないほどおバカさんで、場当たり的にそんなことしてるのか?

彼らを観察するほど、おそらくバカなんだろうとは思ってた。

そして今こうして私が大人になり、立場が逆転した現在、

顔を会わせなくてすむよう敢えて彼らから遠くから離れた場所に住み、

物理的にサポートが必要な状況であるのを知りつつ何もせず。

自分で蒔いた種は自分で刈り取ってくれ、というスタンスです。

この本のように、健康以下・介護未満な状況が進行中ではありますが・・・

介護保険を使ってヘルパーさんには来てもらってるみたい。

でもそのヘルパーさんから私に連絡が来ることはない。

ということは、あてにされてないってことよね。

実家から遠方に住んで正解だ。

東京本社に所属変更を願い出れば受理されそうだけど、やはりもうしばらく地元に帰らないでおこう。

両親が他界したら、戻ることを考えようかな。

なのでこの本の言う親のトリセツ、私的には親とは距離を置く、です。






今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます


読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


こんにちは
スクリーンショット 2022-01-07 15.54.27前回ご紹介したこちらの本から、考えさせられたことがあります。

それは「延命治療」について。 

その時が来たらポックリ逝きたいが、そうならなかった場合、病院でどこまで治療を受けるのか。

延命治療とは、口から栄養を撮れなくなった患者に施す治療のことだ。

ご存知の方も多いだろうが、胃に穴を開けてチューブで栄養を入れる胃ろうは、日本ではかなり頻繁に行われている。

わたしはそこまでして生きたいと思わないので、そうせざるを得なくなったら治療は終え、あの世へと旅立ちたい。

ならば、延命治療拒否ということを明確に示しておかないといけなようです。

もし延命治療を拒否すると決めたときは、日本尊厳死協会に入り宣言書を作り家族に伝えておくのがいいだろう。 

そうでもしないと延命治療されちゃうってことね。

そういう協会があることも知らなかったぁ。



仮に私が今、事故で病院に運び込まれたら、延命治療拒否を病院側に示してないと、チューブ入れて生かされるかも、、、

いやいや、それは避けたいわ。

これは著者の言う通り、協会に入り財布に会員証入れておかなくっちゃ。

老後の病気より前に、事故に遭う可能性もあるからな。

いくら協会に入っていても、実際に治療しないといけなくなった時、自分の意思が示せない状況だったらどうするか。

著者は、パジャマ代わりに延命治療を拒否しますと書いたTシャツを着て寝る習慣をつけたらいい、と言っておられる。

うーん、まだちょっとそこまで達観できない。。。

会員証を拡大コピーし、玄関扉にデコって貼り付けておくかな。 


とまぁ葬儀や墓など死後のことより、死に際が重要だとよくわかった内容の本でした。

いつどうやって死ぬのかわかってれば前もってなにか手を打てますが、こればっかりはわからない。 

これまで平均寿命はニュースで聞いて知っていたけど、健康寿命が意外にそれよりかなり若いこともビックリでした。



そして平均に照らすと、うちの両親の健康寿命はもう到達してる!?

まだ70代じゃんって思ってたけど、道理でよく病院に行ってるわけね。

こんなことを最近考えていたせいで引き寄せたのか、父危篤の知らせが入りさらに驚いた。

結局は無事だったのだが。

この続きはまた次回に。。。

ひとりで老いるということ (SB新書)
松原 惇子
SBクリエイティブ
2020-10-06



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


↑このページのトップヘ