全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

老後を考える

こんにちは

前回ご紹介した本を読み、はっきりと見えた目標があります。



それは貯めた運を、その時が来たら苦しまずに、秒で逝くために使いたい。

そう、ポックリ死ねるのがわたしにとって人生最大の幸運。

全捨離提唱者の櫻庭大王は常々、

宇宙預金残高を増やし運を貯め、その運を使いたい時に使え

と言っておられます。 

宇宙預金活動は密かに続けておりますが、運を貯めてどこで使おうかなぁ、とずっとわからないまま。

でも、ようやく見えたよ。

気がついたら天国だった、という状態にするために使うのだ。

こうして最期の目標は決まった。

これからも孤独を共に人生楽しみながら生きようと、方針も固まった。

しかしまだ自分の体にガタがきて、足腰立たなくなり、自分の力で歩けなくなった時にどうしたらいいか。

については未知なる領域。

死ぬまで健康でありたいとは思うが、そうでなくなった時のため、引き続き老後関連の本を読み漁っております。

スクリーンショット 2022-01-07 15.54.27前回と同じ著者さんの本が、Kindle Unlimitedにラインナップされてました。

独身者向けではなく、最期はみんなひとりよね、という意味でこのタイトルになっているようです。

今回も大いに参考になり、具体的にやってみたいと思うことがありました。

詳しくはまた次回にご紹介しますね。

全体を読んでの感想として、私が日本人女性の平均健康寿命である70代を迎えるまでの間、デジタル化はさらに進むだろうから、今と介護事情が変わっているかも。

インフラが変われば様相がガラッと変わるだろうし、それほど悲観的にならなくてもいいかな。

と思いました。

今は人力で介護をしていても、介護マシーンが導入されれば老々介護の問題は減るでしょう。

人体に生体チップが埋め込まれれば、徘徊しても発見しやすい。

既にApple Watchに搭載されている転倒検知機能が、実際に救急車を呼び命が助かった事例もあるし、生体チップで同じことはできそうです。

住まいのIoT化で、冷蔵庫の中身が減る、あるいは食べてる形跡がない、というデータをもとに自動で食料が自宅へ届けられる。

監視社会化への懸念はあれど、先進国の中で最も早く超高齢化が進む日本では、必要に迫られ介護業界にこうしたデジタル技術が加速的に導入されるのではないか。

であるなら、今と同じ問題が20年後もそのまま継続されるとは考えにくい。

ゆえに、社会インフラが現状の延長戦上にあると仮定した心配は無用だな、と思いました。

確かにいつの時代も問題はあるでしょう。

だとしても、どうありたいかは自分で決められる。

「お金で人の世話になろうと自分を委ねるのは、本当は不安な選択だということを知る人は少ない」

と著者の言う通り、自分の人生を誰かに委ねようとしない。

自分で調べ、自分の頭で考えて行動する。

老後のことだけでなく、日頃からこの姿勢がやっぱり大事なんですね。

私は死ぬまで自分の足で行きたいところに行くつもりなんで、筋トレを息長く続けます。

そして運動後の心地よい筋肉痛疲れでぐっすり寝た翌朝、そこは天国だった。

という理想のために。。。

ひとりで老いるということ (SB新書)
松原 惇子
SBクリエイティブ
2020-10-06




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから



こんにちは

昨年、お墓参りに帰省した際、兄に私の死後は葬儀も墓も不要だと伝えました。

終活と言ってもたいしたモノや財産がないので、住まいの後始末が大きな仕事になるでしょう。

それもいずれ死後の後始末をしてくれるサービスが増えれば、そっちを利用するつもり。

何も残さず旅立ちたい、というのが希望です。

スクリーンショット 2022-01-04 14.58.29私の終活はこんなもんですが、死後のことより、死ぬまでの老いていく人生をどうするか。

今のところ体力・知力共に衰えはまだ感じず。

健康だけが取り柄なほど元気だけど、これからどう体が変わっていくのか。

体の変化と同時に精神的に、このすこぶるポジティブな性格が変わっていくのか。

いったい自分がどう変わっていくのか、あるいは変わらないのか。

とても気になります。

こういう時は、先を行ってる先人のお知恵を拝借。


と、Kindle Unlimitedのラインナップからこちらを見つけました。

すごく面白い内容で、すこぶる共感。

他人から見たら明るく活発で友達と遊ぶのが好きそうに見えたと思いますが、私は子供の頃から孤独が好きでした。

誰かといるのもそれはそれで楽しめるし、ひとりもまた楽しい。

結婚はしてもいいし、しなくてもいい。

死に対しては子供の頃からなぜか恐怖を感じず。

ひとりで死んだって別にいいよね。

死体が腐乱しないうちに発見してもらいたいから、連絡がつかなくなったらセキュリティが来る、というサービスに入れば問題ない。

なので、老後でなくても今から孤独を謳歌しております。

孤独のなにがいいかって、著者の言う通り「自由」が最高なんです。

その自由には緊張感は伴いますけどね。

ただ最近は、ネット社会のおかげで買い物も配達してもらいやすくなりました。

病気になって出歩けなくなっても、なんとかなる。

たいていのことがネットで調べればわかるし、費用を払えばなんとかしてくれるサービスはごまんとある。

そうした技術やサービスの進歩のおかげで、どんどん孤独で生きやすい環境が整備されていってます。

著者の、

「幸せとは、誰かといることでも、誰かと心が通じていることでもなく、ひとりの時間を満喫できることではなかと、わたしは思う」

「孤独を愛する人たちの心はバタバタしていない。静かで淡々としていて、しかも人にやさしい」

という意見に共感です。

子育て中のお母さんなど、物理的にひとりになる時間がない時は孤独を味わうのは難しいでしょう。

ただそれは永遠ではないから、いつかひとりを満喫できる時がくる。

平均的に生きられれば100年近くある長い人生の中で、孤独を楽しめる時があれば、さらに豊かな人生になると思います。

最後に、本の中にグッときた名言がありましたのでご紹介。

「濃いのはソースだけでいい。人間関係は薄いに限る」

これまさに!

薄い関係で軽く楽しく人と付き合うのが、寂しさを感じず、孤独を楽しめる秘訣。

わたし的には、孤独こそ最高の人生の友だと思う。

今既にこんなんだから、老後になってもたいして変わらんな。

憧れのたきみかさん目指して、筋トレに励むのみだ

孤独こそ最高の老後 (SB新書)
松原 惇子
SBクリエイティブ
2019-07-05


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


↑このページのトップヘ